介護オープニングスタッフ

介護オープニングスタッフ募集!オープニングスタッフなら未経験も働きやすい!

介護施設でオープニングスタッフとして働きませんか?

オープニングスタッフは非公開求人で探す!

介護施設のオープニングスタッフは意外と人気があるのです。

 

途中採用とは違い最初から居るスタッフとして働けるので、
人間関係が作り易かったり、長く働くうえでかなりの強みになります。

 

マニュアルや一日の流れなども、
一から自分たちで作っていかなければいけないのは大変ではありますが、
みんなで一緒に作り上げていく状況を共有することにより、連帯感が生まれたりもします。

 

未経験でいきなり介護職に飛び込もうと思ってる人も、
オープニングスタッフなら働きやすいと思います。

 

介護施設のオープニングスタッフは、一般公開ではあまりないので、
ベネッセMCMに無料登録して、非公開求人で応募しましょう。

 

☆ベネッセの介護士お仕事サポート☆

介護オープニングスタッフの特徴!
  • スタートラインが一緒なので途中採用よりも働きやすい
  • 一からマニュアル等作り上げていくので大変
  • 介護未経験でも働きやすい
  • 同期がいきなり出世して上司になることもある
  • オープン当初は入居者が少ないので仕事が楽

オープニングスタッフとして働けることはあまりないので、
もし高待遇での求人募集があるのなら迷わず応募した方がいいでしょう。

 

今の施設に満足しているのなら転職する必要はないですが、
転職を考えていたり、これから介護士として働いてみたいと思ってる人は、
オープニングスタッフとして働くと長く続きやすいです。

 

ベネッセMCMなら専任のコンサルタントがあなたのサポートをしっかりとしてくれるため、
好条件(非公開)でオープニングスタッフを募集している介護施設が見つかることでしょう。

 

登録は無料なのでまずは登録だけでもしてみてください。

 

介護士の求人ならベネッセグループの【ベネッセMCM】

 

非公開求人なら高待遇の施設が見つかる!

介護の求人は一般公開されている施設ではなく、
非公開で募集している施設に応募しましょう。

 

非公開だと好条件で働くこともできるため、
働きやすい施設が見つかり易いです。

 

非公開求人にするのは3つの理由がある!

 

一般公開すると応募が殺到する!

ハローワークや雑誌などで一般公開してしまうと、誰でも応募ができるため、応募者が殺到してしまいます。
採用担当者も暇ではないため、採用条件に合わない人がくるのは困るのです。

非公開求人にすることで広告費が抑えられる!

知らない人もいるかもしれませんが、実は求人募集するときの広告費用は意外とかかるのです。
どこで募集するかによっても費用が変わってきますが、非公開にすることで広告費を最小限に抑えることができます。

 

非公開求人だと紹介された時だけ紹介料を支払うので、
一般公開よりも格段に抑えられます。

求人情報を一般公開するのは危険!

よく考えてみれば分かることですが、求人情報を一般公開すると、
人手不足」とアピールしていることになります。

 

人手不足に陥る施設は離職率が高い場合が多いので、
一般公開で募集している施設で長く働くのは難しいかもしれません。

 

本当に働きやすい介護施設は、
非公開で紹介された人だけを雇う傾向があります。

 

一般公開されている求人情報には応募してはいけません!

間違っても一般公開されている介護施設に応募することはしないようにしましょう。”高収入”とアピールしている施設もありますが、ボーナスがなかったりサービス残業が当たり前のところもあるので、気を付けたいところです。

 

介護のオープニングスタッフも、非公開求人で探すことが重要です


 

ベネッセMCMに無料登録をして、介護オープニングスタッフとして働く!
↓ ↓ ↓ ↓
★介護士の非公開求人なら★
ベネッセグループの【ベネッセMCM】

 

高齢化が進み、長生きされる方が多くなってきました。それにともなって、介護を必要とする方も増えていると思います。したがって、介護というのは、これから、成長産業となっていくと思っています。さて、わたしの住んでいる地域をみてみると、介護職の仕事といえば、病院に勤務する場合と、老人ホームなどの施設に勤務する場合の2つにわかれると思います。病院勤務の場合は、入院患者さんの世話が中心となると思います。食事の世話や、トイレの付き添い、入浴の補助などが主な仕事となるでしょう。また、老人ホームなども施設でも、同じような内容の仕事となると思います。そして、今では、訪問介護などの仕事もあります。そういった仕事では、ヘルパーの資格と合わせて、運転免許を持っていたりすれば、有利になると思います。わたしの住んでいる市でも、このような介護の関連の車が走っているのをよくみます。こういったことも仕事として求められていると思います。さて、介護というと、やはり24時間必要となるものです。よって、夜勤などのシフト制の勤務も求められると思います。そういったことに柔軟に対応できるようにするといいと思います。そのためには、健康で体力があることが第一条件になると思います。
最近介護の仕事が世間で注目されていますが、特にさまざまな企業が畑違いの介護業界に参入をし始めていることからも、これからの時代はますます介護の仕事の需要が増え続けて行くことが予想されています。介護職に就くメリットとしては先ほども述べたように、介護の需要が年々増加しているために常に人手を必要としているため、一度介護の資格を取得してしまえばその後は職にあぶれる心配がなくなるという大きなメリットが存在します。資格の取得自体も難易度の低い部類なので、比較的就職のための窓口が広いと言うのもメリットのひとつです。逆にデメリットとしては、これほど需要のある仕事であるにも関わらず、低収入で重労働と言うデメリットが存在します。特に寝たきりのお年寄りをベッドから動かしたりする仕事のため、仕事中に腰を痛める人も少なくありません。しかし最近ではこういった賃金面での待遇の悪さを改善しようという動きが業界全体で起こり始めているため、将来的には収入面でもある程度のメリットを得られる可能性もあります。介護職にはメリットと同時にデメリットも多く存在しますが、何よりも介護の仕事の好きな人にとっては、給料や労働面でのデメリットは障害にならないほどのやりがいを見出せる仕事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ